事業実績 

水路の復旧工事を実施しました。

玉瀬地区で、雨が降る度に山の水が道路に流れ出しその度に道路補修が必要になる。
原因は、山の水を川へ逃がす水管の不具合でした。1本は完全に取水口が埋まってしまっていました。もう1本は途中で水管が破損して土で詰まっていました。取水口が埋まっている分は掘り返して、取水口を確保し、水管が破損していた分は新しい水管に交換し、30m下手にもう1本水管を敷設しました。これで、降雨時の山水を順調に川に流す事ができるようになりました。

水が道路に流れ込んでいる。

道路が川のように。

水路が完全に埋まっている。

 

この下に水路が埋まっている。

排水側も完全に埋まっている。

重機で水路を確保

取りあえず水路を確保

 2期工事として水路側壁の補修と
200m程下手で2本の水管設置

 

水路の拡幅と側壁補修

水路周りの残土整理と
側壁の補修完了

排水管の敷設

2本目の排水管敷設

1本目の排水管敷設後

2本目の排水管敷設

敷設作業完了後の整地作業

降雨時に水路の状況を確認しました。


遊歩道の障害木撤去作業

丸山湿原から大岩ヶ岳への登山道整備を実施しました。
登山道の倒木は、チェンソーで細断して撤去。
登山道に倒れる恐れのある、枯れ木の伐採作業を実施。
9名で、二組に分かれて順次作業を実施。

チェンソー5台投入

当日は朝から猛暑で、34度を超えていましたが、森の中は涼しく作業も順調に進みました。

枯れ木の伐採

倒木撤去

 

災害復旧作業

集中豪雨で植林部分が崩壊

平成26年の集中豪雨で大規模な山崩れが発生しました。
植林された杉が多数流されて山裾の水路が埋まり、辺り一面に倒木が流れていた。
倒木処理と、水路の復旧作業をしました。

重機を1台投入

倒木はチェンソーで細断し撤去、根元は重機で掘り起こし撤去の繰り返しで倒木処理作業を進め、最後に重機で水路の復旧作業を実施しました。

この夏は、西谷地区で多数の山崩れ、崩壊がありました。大規模なものは専門業者が復旧作業をしていますが、地元で対応できるものを受注しています。

被害状況

 

クリックすると拡大します。

 

災害復旧作業

集中豪雨で土砂と立木が圃場に流れ込み

平成26年の集中豪雨で小規模な山崩れが発生し土砂と立木が圃場に流れ込みました。
立木の小さい物は圃場で焼却処分、土砂はトンバックに入れて圃場から出し、崩れた山裾に積み上げて、砂防対策を実施しました。
 

重機を1台投入

最後は、重機で道の法面を固めて作業は終了。

この夏は、西谷地区で多数の山崩れ、崩壊がありました。大規模なものは専門業者が復旧作業をしていますが、地元で対応できるものを受注しています。

メインの写真のコメント

 

クリックすると拡大します。

 

災害復旧作業

集中豪雨で大量の土砂流出場所で砂防工事

平成26年の集中豪雨で谷筋の土砂が大量に流出して圃場に流れ込みました。土嚢袋で応急作業をしていましたが、今回県の指導で「ふとん篭」による砂防工事を実施しました。
 

重機を2台投入

ふとん篭に入れる石を運搬の為、重機を2台導入し、石は圃場を挟んだ道に仮置きし、運搬車2台で圃場の中をピストン輸送で運びました。泥でぬかるんで運搬車に大きな負担だったのか1台故障、運搬車と重機でネットに石を入れ吊り上げて運搬。

一般財団法人 西谷自治振興としては、初の大仕事でした。無事終了し「県の検査も無事通過」施行にあたっては、地元の土建業者の方に大変お世話になりました。

 

クリックすると拡大します。

 

災害復旧作業

集中豪雨で川に大量の土砂が堆積

平成26年の集中豪雨で谷筋の土砂が大量に流出して圃場に流れ込み、側の川も埋まってしまいました。重機で川の土砂と大量の流木撤去作業をしました。

重機を1台投入

重機で土砂は、トンバックに入れて斜面に積み上げ、斜面の土留めとし、流木は重機で撤去。川の流れを回復しました。

この作業の前に、側の圃場に流入した大量の土砂と流木撤去作業を実施しました。

 

クリックすると拡大します。

 

公園管理作業

市の自然公園の管理作業を実施

宝塚市の「やすらぎ広場」の管理作業を実施しています。年2回の草刈と隣接の山裾に倒木があれば撤去作業を実施。

30名程度で実施

草刈機で草刈後、ダンプに積んで撤去します。

ここは、近くにお住まいの方が、日頃のハイキングに訪れる所です。

 

クリックすると拡大します。

 

不法投棄物件撤去作業

県有林で発見された不法投棄物件の撤去作業

県有林の調査対象地で発見された大量の不法投棄物件を現場から撤去しました。
現場は、急斜面で大きな投棄物件は谷へ落ちていますが、斜面には大量のガラス・ガラス瓶などがあり、ロープにつかまっての作業となりました。

あまりに大量の為、数回に分けて実施

斜面から引き揚げた後、山の入口に設置した、仮置き場までダンプで運搬。

このゴミは、県がこの土地を購入する前に投棄された物

 

クリックすると拡大します。

 

里山(遊歩道)保全活動

西谷地域の県有林並びに遊歩道の保全活動をしています

西谷にある、広大な県有林の保全作業をしています。遊歩道の整備作業・民有地との境界にある山の保全作業(草刈、枯れ木伐採、倒木処理等)をしています。

地域毎に巡回監視員を配置、定期的に監視しています

遊歩道の草刈、年に1度里山一斉整備作業実施(2日間で延べ200名程参加)

日頃からの管理作業で、良好な里山資源を保守しています。

 

クリックすると拡大します。